葬式の遺影の用意

近年では、終活として葬式のときの遺影を自分で選ぶ人が増えています。
今までは遺影は遺族が選ぶ、悲しみから立ち直るためのプロセス(グリーフワーク)という性質がありました。
しかし、最近ではエンディングノートに自分の死後のことを書き留めておくなどの、自分の死に向き合う風潮が多くなっています。
その際に遺影も一緒に用意することもあります。
自分の遺影を自分で選ぶのは気持ちのいいことではありませんが、死と向き合うことで穏やかに暮らせるようになったという人もいます。
遺影ですが、元の写真を選んでどのような写真にするか決めます。着せ替え・カラー・モノクロ・背景付きなどが選べます。
写真のサイズは四つ切が一般的ですが、それ以上大きいサイズでも作成できます。
これを元に葬儀社や専門の写真店に頼めば、仮完成のデータをくれるので修正が必要ならば伝えます。納得できればそのまま完成品となります。
最近では低価格で着せ替えなしで5千円程度から作ることができます。