葬式における遺族の服装

葬式にあたって、喪主をはじめとする遺族、親族は、さまざまな階層からの弔問客をお迎えしなければなりませんので、奇抜で失礼な服装というのはやはりタブーになってきます。そのため、たとえば男性であれば、黒いネクタイ、黒い喪服、黒い靴といったかっこうがふつうであるといえます。女性も洋装であれば同様に黒いスーツやワンピースとなりますが、和装であれば、黒羽二重で家紋がついているものが一般的なものといえます。しかし、なかには突然のことで喪服が用意できないという場合もあるはずです。このような場合は、葬儀社に相談をして、貸衣装などをあっせんしてもらうのがよいといえます。貸衣装は日数によっても費用が違ってきますが、金額的にはそれほど値が張るものではありません。また、あえて喪服を用意するまでもない子供たちであれば、たとえば黒い学生服を着用するか、その他黒や紺といったなるべく地味な衣装を着用するというのが望ましいといえます。