お葬式のマナー

お葬式には古くから伝わる数々のマナーがあります。例えば御香典を包む際には未使用のお札はタブーという事は良く知られています。これは急な訃報に対して急いで駆け付けたという事を表現するためで新札を用いるとあらかじめ予期してお札を用意していたように思え、遺族の方に失礼に当たるからです。また御香典の表書きに関しても仏式の場合は御香典・御香料・御霊前などを用いますが御仏前という表書きは四十九日の法要が過ぎてからでなければ使用できません。ちなみに表書きが印刷されていない物は表書きを神式の御玉串料やキリスト式の御花料と書いて神式・キリスト式でも使用できますが、蓮の花の絵が印刷されているものは仏教でしか使用できませんので要注意です。そしてお葬式の際に受付の方や遺族の方にご挨拶をする場面に関してのマナーとしては使用してはいけない言葉(忌み言葉)があります。例えば重ね重ねや度々などの繰り返す言葉や再三など繰り返す意味を持つ言葉は不幸を繰り返すという意味にもなるので使わないようにしましょう。