お葬式の時に渡す香典について

お葬式に参列する時は香典を渡すのが慣習です。香典とは、お悔やみの手紙と一緒に遺族の方に渡す金一封のことです。不祝儀袋にお金を包んで現金書留の封筒に入れて渡すのがマナーになります。不祝儀袋に包む金額は故人との生前の関係によって相場が決まっており、金額が多いほど良いという訳ではありません。一般的な相場として、故人と友人関係なら5千円、職場関係なら5千~1万円、親族なら1万~3万円となっています。香典で頂いたお金はお葬式の費用に使われます。
お葬式には香典返しという慣習があります。香典返しとは、忌明けの時期に香典を頂いた遺族が参列者にお礼の品を贈るという慣習です。お礼の品は香典で頂いた金額の半額が相場とされています。例えば、香典で5000円頂いた場合、香典返しは2500円相当の品を贈ります。贈り物にはお茶やお菓子などの食品や石鹸やタオルなどの生活用品などが一般的です。この慣習があるため、香典で大金を包みすぎると遺族の方に負担になってしまいます。