お葬式の基本的なマナー

お葬式は故人との別れの儀式です。そんな大事な儀式の場所では、守るべきマナーがあります。弔問客としてお葬式に参加するさいのマナーを紹介します。
服装は、喪服を持っている場合には、それを着ていきましょう。もし喪服を持っていない場合には、黒を基調とした服を着ていけば問題ありません。社会人の方であれば普段、着ているスーツでもいいでしょう。学生の場合は学校の制服を着ていきましょう。反対に、着てはいけない服装は、派手な色をしたものや、柄やキャラクターの入った服などです。女性の場合、アクセサリーはしないことが基本です。お化粧やヘアメイクも派手にしないことで、お悔やみの気持ちを表すことができます。忘れがちなものに、靴下があります。上着やズボンはしっかりと黒でまとめたのに、白い靴下をはいてしまい目立ってしまうことがあります。冠婚葬祭の場、特にお葬式のように暗い雰囲気の場所に行くとき、些細な部分にまで気を使いましょう。