通夜・葬儀の際に失礼にならない服装とは

葬儀の際に着る喪服は本来遺族が喪に服しているという意味です。モーニングや和装などの正式な服装と、ブラックスーツやブラックフォーマルの略式の服装があります。参列する側は、故人をしのぶため略式のブラックスーツやブラックフォーマルを着用します。たとえ正式な服装を持っていようと親族よりも核が上にならないようにするため、略式の喪服を着用します。また喪章は遺族などの関係者であることを示すものなので、喪章を喪服代わりするという考えは誤りです。仮通夜の場合にも服ではなく、地味な服装で構いません。喪服を着ていくとかえって不幸を予期していたようでおかしいとされています。通夜の場合、男性なら紺やダークスーツ、ネクタイは黒や地味なものを着用します。女性も紺・グレーなどの地味な色のスーツやワンピースなどを着用します。ストッキングは黒か肌色にします。葬儀や告別式の参列する場合には基本はブラックフォーマルになります。また女性は肌をあまり見せないのが原則なので、夏場でも五分袖のものを着用します。冬場のコートは毛皮や革などは殺生を意味し、死を連想させるので着用を避けます。