これが葬儀の段取り

PR | 介護用品のお店探しならこちら
自分の近親者や知り合いが亡くなったときのために、もしくは自分の亡くなった後に残された者達のために、一般的な葬儀の段取りを知っておきましょう。まず医師が危篤状態であるとすると知らせるべき人へ連絡が行くことになります。そして患者が亡くなると葬儀社に連絡することになります。その後に末期の水を行い、主な親戚などへの連絡をします。医師から死亡診断書をいただきます。そして病院から寝台車でご遺体の搬送をします。自宅もしくは寺院や専用の安置所などにご遺体を安置します。葬儀社の担当者や家族、親しい人、宗教者などで葬儀の規模、形式、場所、予算、日程などの打ち合わせを行います。業者から費用の見積書は必ず受け取っておきましょう。死亡届提出後には故人の預金は封印されるので注意しましょう。日程や場所などを関係者へ連絡します。死亡届、火葬許可申請書を市役所に提出します。ご遺体への処置と納棺を行います。あとは通夜、葬儀が行われ、出棺され火葬されます。その後は還骨法要、初七日法要が行われます。その後諸々の手続きがあります、死亡保険金、各種名義変更、相続などです。香典返しなどもあります。

身内が亡くなった場合、翌日の晩に通夜が行われ、二日後もしくは三日後の昼間に葬式や告別式が執り行われるのが一般的です。更に七日目には初七日法要、七週間後には四十九日法要が営まれますが、初七日法要は葬儀の際にまとめて行われることが多いため、葬儀後の法要は四十九日法要のみ実施する家庭が大半です。
四十九日法要とは、忌が明ける日に行う法要のことで、親族に限らず知人や友人も参列できるようにする場合が多く、規模が大きくなることも少なくありません。四十九日法要は「追善法要」とも呼ばれ、死者にとっては三途の河を渡った後に閻魔大王の裁きを受け、極楽浄土行きとなるか、はたまた地獄行きとなるかの重要な日とされています。
このため、供養においては非常に大切な儀式とされており、遺族は仏壇などの仏具をこの日まで揃えると同時に、納骨も済ませておく必要があります。
葬儀の際に香典を包まれた場合は、四十九日法要の頃に香典返しを行いますが、北海道など一部地域では香典のお返しにその場で香典返しを配ります。

<PR> 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / JALカード / クレジットカードの即日発行じゃけん / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 内職 アルバイト / ショッピングカート / 女性の人生 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / マッサージのリアル口コミ.com